店舗、企業の紹介・記事掲載・広告掲載等のお申込みについて

インターネットを利用したまちづくり活動

南信州.comは「わたしたちの住むまちをもっといいまちにしたい」という企業や人々が集まって作り上げている南信州(飯田市と下伊那郡)のエリアガイド・地域情報サイトです。 私たちの住むまち「南信州」は、南アルプスと中央アルプスの山々が織り成す自然の宝庫であり、きれいな空気と水、その自然の恵みで育ち清らかな心を持った人々が自慢の地域です。この南信州で生活しているわたしたちにとって、この地域にある自然や風土、人々、企業や行政など、全てのものが大切な財産です。その大切な財産を、より多くの人にお伝えし、さらには資源化・活性化していくことが、ここで暮らすわたしたちの使命と考えております。この思いに共感してくださるお店や企業が、サポーターとなって登録掲載して下さっているのです。

はじめに会員登録

まず、南信州.comのサポーター(会員企業)になっていただきます。サポーター企業には、1ページ分の情報掲載枠が割り当てられ、基本情報やGoogleマップなどとともに写真数点の情報発信が出来るようになります。また、SNSのリンク用バナー(弊社作成)設置もできます。

出店費用

会費月額1,100円(令和1年10月1日以降)これら費用は、毎月10日各金融機関から自動振替させていただきます。飯田信用金庫、八十二銀行、JAみなみ信州、長野銀行、アルプス信用金庫
(クレジット決済、キャッシュレス決済は取扱っておりません。)

情報の更新

情報の更新は、いつでも無料で行なうことが出来ます。写真やコメントなどをメール、LINEで事務局にお寄せいただくか、もしくはIDを取得し、ご自分のパソコン・スマホから更新できます。

*ただし、事務局に写真撮影を委託する場合は、実費2,200円の費用が必要となります。

協賛広告の必要性

南信州.com事務局は、今現在1名のスタッフで運営しております。そして概ね毎月50万円程度の運営費用が発生しています。今後も継続して運営していくためにも、どうしても企業からの協賛広告を募らなければなりません。ご協力宜しくお願いします。

参考資料

現在の登録状況掲載ページ 200件
アクセスPC・スマートフォン30,000 PV/月

(H20.7)被リンク状況
長野県、飯田市、他市町村、昼神温泉ガイドセンター、信州大鹿村観光情報、南信州・平谷高原観光情報【ぴーかん.net】、東濃見聞録(岐阜・美濃)、遠州こだわりネットワーク(静岡・浜松)、はい!よろこんで(上田)、まちなかweb(愛知・豊田)、za9za9.com(諏訪)、他からリンクいただいています。

協賛広告の種類と月額費用

天井バナー15,500円(最大3社)
ネットCM55,000円(最大5社)
右バナー上6,600円(最大6社)
右バナー中5,500円(最大6社)
右バナー下4,400円(最大6社)
求人広告3,300円(1回当たり)
メール配信3,300円(1回当たり)

※バナー作成費2,200円、動画撮影編集費33,000円が作成時に必要です。

インターネット広告を上手にするために

同じ方が、毎日あるいは2・3日置きに訪問されますので、繰り返し繰り返し訴求することが出来ます。必要な情報を「検索」した結果として訪問されますので、情報の必要な方に効果的に情報をお届けすることができます。紙面量の制約がほとんどありませんので、より多くの情報を掲載できます。

記事の掲載

  • 団体等を問わず、南信州地域にとって有益となるような内容でかつ、収入を伴わない活動の告知については、すべて無料で記事を掲載させていただきます。

    例えば、青少年健全育成活動、文化活動、サークル、お祭り他

  • 軽微な収入が発生するが、その収入が参加者が直接得るものそのものに当てられる費用の場合も無料で記事を掲載させていただきます。

    例えば、紙飛行機づくりを主催するため、紙代50円を頂く催し体験キャンプを主催するため、カレー食材費として500円を頂く催し各個別の判断で行ないます。収入・費用の明細をお知らせ頂く場合がございます。

  • 企業等の収益活動の告知については、当サイトの運営にご支援をお願いします。

    1告知あたり3,300円

  • ご支援を頂いても告知できないもの

    性風俗、まち金融の活動に関する告知、暴力団、右翼・左翼団体等の活動

  • 告知をするには

    掲載したい文章などをお寄せください。また写真も掲載することが出来ます。(著作権等に留意の上、お寄せください。)写真の大きさ変更、明るさ調整は弊社にて行ないます。

  • 南信州.comに掲載するメリットを教えてください。

    南信州地域(飯田市と下伊那郡、昼神温泉周辺)最大クラスの情報量を持つインターネットサイトです。インターネットは検索サイトを利用して日本全国の方が閲覧します。下調べをしてから訪問する・旅行するなどの目的意識を持った方へ、特に訴求効果があります。 写真数点数行のコメントを掲載することができますので、お店の情報を網羅して訴求できます。また、クーポン表示などご活用いただける構成となっています。また、お客様とのコミニュケーションを図ることができます。 地図での周辺検索機能を有しています。ひとつのお店「点」から、いろんなお店への「面」として広がりますので、掲載されたお店がお互いに伸びます。 SEO対策(検索されやすくする対策)を無料で行ないます。南信州地域にとって有益なお店であると認められたお店のみ掲載しております。したがって、いわゆる詐欺、ボッタクリ、あるいは不親切なお店などは掲載しておりません。南信州.comに掲載されているということは、安心できるお店の証です。費用は上記のとおりの安心価格です。

  • 地域情報サイト(南信州.com)と地域情報誌と地方紙の相違点を教えてください。

    閲覧者

    地域情報サイトは、日本全国から検索を利用して目的意識のある方が、閲覧します。例えばGoogleで「飯田市 エリアガイド」など「飯田市 そば」など・・・。地域情報誌は、地域内に配布された有料無料の紙面を、他の広告と一緒にながら読みします。 (例えば飲食店で待つ間に・・・。あるいは美容室で・・・。)地方新聞紙は、地域内に配布される有料の紙面を、記事と一緒に読みます。

    閲覧者数とリピート

    地域情報サイトは、パソコンやスマホを持ったいわゆる消費世代を中心に繰り返し繰り返し閲覧します。(アクセスカウンタで閲覧者数確認できます。)地域情報誌は、若い世代を中心に地域内の方が約1・2回見ます。閲覧します(公称発行部数で判断します)地方新聞紙は30歳代以降の世代が幅広く1回見ます。

    訴求できる情報量

    地域情報サイトは、写真20~30点と約1000文字で訴求できます。地域情報誌は、一般的な約3万円枠の場合、写真1点と約50文字です。地方新聞紙は、一般的な約3万円枠の場合、写真1点と約100文字です。

  • 地域情報サイト(南信州.com)への掲載と自社ホームページの掲載の相違点を教えてください。

    閲覧者

    地域情報サイトは、その地域ごとに興味を持った方が、地域内を検索します。 SEO対策としては、それほど費用を掛けなくても閲覧者数はあります。自社サイトは、日本全国の中から検索されますので、ある程度SEO対策しなければ、閲覧者は増えません。(日本全国に向けたビジネス向きです)

    訴求できる情報量

    地域情報サイトは、写真20~30点と約1000文字で訴求できます。うまく活用すれば無限に可能です。自社サイトは、無限にできます。またYouTubeなどのご指定の動画の埋め込みも可能です。(弊社で動画撮影編集の場合は作成費33,000円です)

    更新

    いずれも更新することは重要です。飽きられたら、閲覧者が減ります。したがって地域情報サイトに掲載しておき、訴求するときに上位に表示されることを選ぶ。もしくは、自社サイトで、常に更新を続け、閲覧者を常に確保しておくことを選ぶ。

  • バナー広告のメリットを教えてください。

    バナー広告は、毎日閲覧者が見るトップページに表示されますので、反復継続して訴求できる安価な広告方法です。写真を掲載することで、商品を絞った訴求に効果があります。

  • 動画広告のメリットを教えてください。

    毎日、閲覧されるトップページに表示されます。テレビCMのように、わずか45秒程度の時間で店の外観から商品まで全ての内容を網羅し、反復継続して訴求できます。 費用もテレビCMと比較すると、かなり割安です。

  • 南信州.com公式LINEでできること

    こちらの【南信州.comとは?】でご紹介しております!
    今なら無料なのでこの機会に宣伝方法の一つとしてご活用ください。