更新 2013/1/31 21:01

大会・ルールと注意事項

 〜「喬木」から「丘の上」に!〜3on3 BASKETBALL


STREET KING B.B.Q ルール要項
 

  ※基本的には今までと同じルールです。日本国内で開催される一般的な3on3大会のルールに
    準じています。

◆メンバー登録と出場条件◆
出場については、所定の申込みメール によって、メンバー登録をします。
後日事務局より受付完了のメールをお送りいたします。
当日、メンバーの変更が生じた場合は、受け付け時に本部まで申し出てください。
試合開始後のメンバー変更は認めません。
出場にあたっては、マナーを守り大会規定に従ってください。
チームウェアは、同一デザインのものが望ましい。ただし統一が難しい場合、同系色のものも可能です。

◆試合時間と勝敗◆
試合時間は、5分間〜2分間(休憩)〜5分間とします。
決勝トーナメントは■分間〜■分間(休憩)〜■分間です。(出場チーム確定後決定いたします。)
原則として、試合中は「流し」とします。
同点の場合はゴールデンリング方式(得点先取チームの勝利)で勝敗が決定するまで実施します。

◆得点に関する規定◆
フィールドゴールは1点。
2ポイントラインの外側からのゴールは2点。
フリースローは1点。
女性は通常の得点カウントとなります。

コートの設定
基本的なコートサイズ及びラインの設定は下記の通りです。
・エンドライン : 基本14 m、最小12 m
・サイドライン : 基本12 m、最小10 m
・フリースローライン : 幅 3,5 m、距離 4,6 m( リングの中心から )
・プレースタートライン : エンドラインから10 mのセンター位置
・2ポイントライン : リングの中心から6,4 m
・リングの高さ : 3 m 05 cm
*コートは現地採寸のため多少の誤差はあります。

◆ジャッジ・スコアについて◆
審判は1人で試合のすべてをジャッジします。
ゲームのスコア詳細は得点ボード以外とりませんので、ゲーム終了後、該当試合のスコアを本部へ報告下さい(基本責任者は主審となります。確認は両チームキャプテン)。

◆チームキャプテン(代表者)について◆
申込み時に、代表者名として記入していただいた方がチームキャプテンとします。
本部が召集する説明には必ず参加してください。

◆禁止行為とペナルティ◆
大会本部の判断により、以下の行為を行ったチームは失格処分となる場合があります。

  1. チームの登録内容に著しい偽りがあった場合
  2. 同一プレーヤーが異なるチームでゲームに出場した場合(該当するチームすべてが処分対象)
  3. 会場内、近隣にて、大会運営に支障をきたす行為をした場合
  4. ゲーム中に必要以上の危険プレーをした場合
  5. 大会会場に迷惑が掛かる行為をした場合

以上の行為は、チーム内の1人のプレーヤーが行った場合でも、チーム全員の責任として処分されます。

◆ゲームの開始◆
ゲーム開始予定時刻の10 分前(アナウンスいたします)までに、コート周辺にて待機して下さい。

  1. ウォーミングアップは、各チームごとに十分に行って下さい。
  2. ゲーム開始時のボールの所持権は、キャプテン同志のジャンケンによって決定します。
    ゲーム開始は、オフェンス側を選択したチームが、プレースタートラインにボールをセットし次第、
    主審の笛を合図に開始されます。

◆攻守の交代 ?◆
ゲームが一旦中断( ボールデッドという )された後の攻守の交代は、
次のオフェンス側が主審の指示する位置にボールをセットした時点で行われます。

ゲームが一旦中断された後の攻守の交代とは、次のような場合です。

  1. オフェンス側のファウルによる場合
  2. オフェンス側のアウトオブバウンズ、またはバイオレーションによる場合
  3. オフェンス側が得点した場合
  4. ヘルドボールの場合( ジャンプボールはありません:国際ルールに順ずる )
    また、ディフェンス側のファウルやアウトオブバウンズによって一旦中断し、
    続いてオフェンス側がプレーを続行する場合は、主審の指示する位置よりゲームを再開します。

◆攻守の交代 ?◆
「攻守の交代?」の規定以外に、ゲームが中断されず攻守交代が行われる場合は、
ディフェンス側が獲得したボールを指定のエリアまで戻すことにより攻守が交代します。
ゲームが中断されずに攻守交代が行われる場合とは、次のような場合です。

  1. ディフェンス側がリバウンドボールを獲得した場合
  2. ディフェンス側がオフェンス側のボールをスティールした場合

上記の場合、ディフェンス側は2ポイントラインの外側まで完全にボールを運びださなければなりません。2ポイントラインの外にボールが運び出されるまでは、攻守は交代されず、2ポイントラインの外側までボールが運び出される途中で、再びオフェンス側がボールを奪い返してもかまいません。
この規定は、すべてインプレー中ですので、ボールはパスもしくはドリブルで運ばなければなりません。

◆ヘルドボール◆
ヘルドボールの場合は、無条件に攻守が交代されます。ジャンプボールはありません。

◆タイムアウト◆
タイムアウトは各1試合につき2回取ることができます。
時間はそれぞれ30 秒間です。その時、タイマーはストップします。
タイムアウトを取る場合は、メンバーのいずれかが主審に申告して行います。

◆メンバーチェンジ◆
メンバーチェンジは、交代要員のメンバーが主審に申告して行います。

◆ファウルとその罰則◆
通常のバスケットボールの試合よりも緩やかなジャッジとなります。
ストリートバスケは必要以上のジャッジは行いません。(ダブルドリブル・トラベリングなど)
楽しんでストリートならではの醍醐味を味わってもらうためです。ただし、危険行為は(ファウル)はジャッジいたします。
ファウルに対する罰則は以下の通りです。

  1. 累積カウントによるプレーヤーのファウルアウトはありません。
  2. シュート時のファウルに対しては、バスケットカウント後もフリースローが与えられます。
  3. シュートモーション中のファウル・危険な行為に対しては、相手チームに対してフリースローを1本与えます。この際のシューターはファウルを受けた該当プレーヤーとなります。
  4. シュート成功の場合は、相手チームのボール所有権となります。
    シュート後オフェンスリバウンドの場合は、継続して攻撃ができます。
    ディフェンスリバウンドの場合は、リバウンドボールを保持し、
    スタートラインの外側まで完全にボールを運びださなければなりません。

◆安全遂行上の本部判断に関する特別規定◆
上述の規定以外でも大会の安全で円滑な運営上、ケースに応じてその時点における最良と思われる判断を下す場合があります。その判断がなされる場合は本部からキャプテンに内容説明が行われます。

 

    「STREET KING B.B.Q」大会の要項コチラ。

    大会へのお申し込みメールはコチラから。

 

 

基本情報

HOMEへ戻る