飯田市

更新 2017/9/6 11:09

妊娠・出産(自宅分娩)・育児支援ホーム よしみ助産院 よしみじょさんいん

ph_03

飯田市立石の自然豊かな場所にあります。

~お知らせ~
映画「うまれる」上映会
9/9(土)
飯田市千代の自治振興センターにて
定員80名 無料
問い合わせ先 026-559-2144

 

映画「うまれる」公式HPを見る

 

 

よしみ助産院のホームページへようこそ♪

FullSizeRender.jpg1

*看板を設置しました*

ご来院されたことのある方ならおわかりかと思いますが「こんなところに助産院があるの?」というようなところによしみ助産院はあります。初めてお越しのときは通り過ぎた方も多いのでは…?
そこで新しく大きな看板を設置しました。道路脇にあるのでわかりやすいかと思います。ご来院の際はこの看板を見つけてくださいね。

 

理念・方針
女性、乳幼児とその家族に安心安全で快適に過ごしていただくよう、看護ケア、育児支援、保健指導などの質の向上に日々努力します。
1、傾聴 :女性・乳幼児・そのご家族の声を聴き、個々の感覚を大切にします。
2、根拠 :科学的根拠に基づきます。
3、説明 :誠意をもって説明します。
4、自ら学ぶ :自ら学ぶ姿勢を持ち続けます。
5、挨拶とネットワーク :挨拶とネットワークを大切にします。
6、オープン :見える行いを常に心がけまじめに行動します。

 

診療内容
○自宅分娩
自宅で自然に近いお産を望む方、助産師2人以上でお手伝いします。嘱託医にて受診し医師の了承後お受けします。
○助産院出産
よしみ助産院にて出産もできるようになります。(H29年1月より予約可能)こじんまりとした家庭的な雰囲気の助産所で産みたい、自宅で産みたいが、家族の協力が得られない。などの方にお勧めです。
冬場の道が凍って危険ななため、産まれるまで助産院で待機し産みたいなど。

○里帰り分娩も受け入れます
妊娠20週までに少なくとも1回、紹介状持参にて飯田市立病院へ受診していただきます。医師の許可が出ましたらよしみ助産院での出産のお手伝いが可能になります。そして妊娠34週の後期検査までに帰省してもらいます。

○お母さんのケア
産後お腹が出てズボンがはけない、疲れやすい、肩がこる、体が重い、体型が変わった・・など。
○乳房・授乳ケア
おっぱいにしこりが出来て痛い、熱がある、乳首に白いニキビみたいのがある、飲んでくれない・・など。
○卒乳・断乳ケア
どちらも離乳食完了の1歳6ヶ月が理想ですが、お子さんやお母さんなどの時期環境などの個別に合ったアドバイスをいたします。
○赤ちゃんケア
よく泣く、反る、体が硬い、くねくねして柔らかい、抱きにくい、寝かせ方。

○妊婦ケア
日常生活の悪い癖を正して、出産に向けて身体を整えましょう。立ち方、イスやソファーの座り方でお産が長引いたりなど動きが止まっている静止状態の時のちょっとした事に気をつけましょう。

○安産ケア
お産は全身運動です。毎日最低2時間散歩して心と身体を鍛えて、お産に備えましょう。

 

 

 

教室
はじめてのベビーマッサージ
インファントマッサージ
Attachment-1

言葉を発することの出来ない赤ちゃんは皮膚は軟らかくまるまるとしたお顔、三頭身の身体、全身全霊かけて一生懸命訴えてきますね。赤ちゃんの皮膚を意識して触れ、目を見て語りかけることで、気持ちがお互い伝わり育児が楽しくなります。
1回目・・・
足・お腹・胸のマッサージ・他にお母さん同士で人形を使ってマッサージを始める時の基本を学びます。
2回目・・・
手・背中・顔のマッサージ
他に子宮体験 みんなお世話になった子宮の中、久しぶりにお母さんも居心地の良かった子宮の中に入ってみませんか。いろんな思いが込み上がってくるでしょう。

お産トーク会 (不定期開催)
初めてのお産、準備はしたけど思うようにいかなかった。一人目の時より辛かった。上の子より軽かった。○○をしたので乗り越えられた。などそれぞれ思いがあると思います。
あなたのお産のエピソードを聞かせてください。
子連れ参加歓迎

母乳準備クラス (お休み中)
母乳で育てたい、抱き方、吸わせ方、上の子の時は母乳が続かなかった、トラブルが多かった、など
お母さん、お子さんの姿勢とちょっとしたコツで対処できたり、母乳は出るようになります。知っているとあわてずに済みます。ぜひ一度ご参加ください。

 

自宅出産
どのようなお産をしたいかは、それぞれの思いがあると思います。病院でしか出産はできないと思っている方も多いのですが、ふだん生活している自宅でも出産は出来るのです。どこで産もうか、どのように産もうかお腹の赤ちゃんとお母さんそしてご家族とよく話し合って良いと思うところの長所と短所を見極めて決めると良いでしょう。
又かかわる助産師との相性も納得のいく「いいお産」をするために重要なポイントです。
1482211229600

★よしみ助産院内の出産
 

★自宅分娩

★よしみ助産院内での沐浴
 
  

★よしみ助産院にて出産祝い品
 

・木の名前入りスプーン

 

 

出産奮闘記

こちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
SKMBT_C754e17082316540

 

妊娠から出産までの流れ
妊娠したかな?と思ったら

妊娠の診断
自己判断しないで早めに産婦人科を受診しましょう。(妊娠証明書を発行してくれます)

妊娠の届け出
妊娠証明書を市町村担当窓口へ提出(1.母子健子手帳の交付 2、妊婦健康診査受信券発行 3、市町村事業の紹介など)

よしみ助産院の説明
ご本人とご家族一緒に説明を受けていただきます。

助産院で出産を希望しない場合 
出産場所を決める
現在通院中の病院の医師に分娩希望場所を伝えます。以後医師の指示に従って定期的に妊婦健診を受けます。ご自分で分娩の予約をします。
出産は病院や診療所でされる場合でも、健康相談に応じたり分娩に向けての身体作りのケアを受けることはできます。些細なことでもお気軽にご相談ください。

助産院で出産を希望する場合 (助産院での出産は正常な経過の場合のみです)  

嘱託医の診察
妊婦健診と妊娠初期の血液検査を受けます。血液検査に問題がなければ契約へ進みます。(他院で初期の血液検査が済んでいる場合は当院に紹介状を書いてもらってください。)

助産院と嘱託医との契約
助産院で出産することに対して、ご本人ご家族、とも納得され、医師の許可があれば誓約書、同意書にサインをしていただきます。

助産院での健診
定期的に助産院で妊婦健診を受けていただき検査を伴う健診は嘱託医に受診していただきます。又治療が必要な場合は嘱託医の指示に従って医師の診察を受けてもらいます。

助産院での出産
妊娠・出産・産後を通して緊急異常時又は異常が予測される場合は医師又は助産師の判断で病院へ搬送させていただきます。

産後
2週間健診・1ヶ月健診を当院にて行います。但し児の1か月健診に関しては病院の小児科にも受診を進めています。そこで新生児聴覚検査を受けることができます。

 

よしみ助産院でお産を希望される方は・・・

 

よしみ助産院オリエンテーション
ご妊娠 誠におめでとうございます。
母になる喜びと不安今までとは違う気持ちと身体の変化を感じつつお過ごしではないでしょうか。
よしみ助産院では、女性とご家族が安心して赤ちゃんを産み育てるお手伝いとして、継続的な健診と保健指導又はケアを行っていきます。助産院では正常な妊娠、分娩経過のお手伝いができます。妊娠は病気ではありませんが、より自然な出産、安産をめざすためには自己管理が大変重要です。
SKMBT_C65416112910200_0003

SKMBT_C65416112910200_0004

自宅分娩と病院分娩の違い    ←こちらをクリック

 

自宅分娩できなかった方々もいますが、たくさんの人に支えられ、助けていただきみんな元気にうまれました。
IMG_4794  IMG_4791  IMG_4790

IMG_4545 FullSizeRender

 

正常な妊娠分娩とは
次の条件を満たし妊娠中を健康に過ごし、妊娠37週以降42週未満の分娩のことをいいます。
〇妊婦健診を合計14回前後受けるうち、嘱託医の診察を最低3回(里帰りの場合は、現住所の産婦人科医による健診を受け入れていればこの限りでない。)受診し、異常が認められない。
〇逆子(骨盤位)でない。
〇ふたご みつごなど 多胎妊娠でない。
〇帝王切開や子宮の手術(子宮筋腫核出など)をしたことがない。
〇胎児 胎盤 臍帯 卵膜 羊水に異常がない。
〇胎盤の位置に問題がない。
〇血液型がRH(-)でない。

上 記の条件を全て満たした上で、妊娠前から持っている持病や、前回の分娩が異常分娩(吸引分娩や出血多量など)で順調でなかった場合や、今回の妊娠経過中に 異常を指摘された場合は、嘱託医と相談しながら慎重に様子をみて助産院での出産が適切かどうか判断させていただきます。

 

妊婦健診
妊婦健診はよしみ助産院で60分かけて助産師が保健指導も合わせて行います。妊娠中の検査は連携医療機関兼嘱託医である飯田市立病院で受けて頂き、異常がないか診て頂きます。飯田市立病院婦人科医師とで皆様の妊娠経過を診ていきます。
よしみ助産院でのお産をお考えの方は一度ご見学に来院していただくようにお願いしています。妊娠が分かり次第、なるべくお早めにお問い合わせください。

分娩当日から1ヶ月までの訪問診療計画書 ←こちらをクリック

妊娠中の検査

SKMBT_C65416112910200_0001

SKMBT_C65416112910200_0002

※画像をクリックすると大きくなります

「問診表1」 ←こちらをクリック
「問診表2」 ←こちらをクリック

「家庭分娩希望者の方のチェック表」初産対象 ←こちらをクリック
「家庭分娩希望者の方のチェック表」経産婦用 ←こちらをクリック

「妊娠週数表」 ←こちらをクリック

 

〈連携医療機関兼嘱託医〉
飯田市立病院
飯田市八幡町438
TEL:0265-21-1255
IMG_4684

 

 

産科医療補償制度
産科医療補償制度は、公益財団法人日本医療機能評価機構が運営し、分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子様とご家族の経済負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、同じような事例の発生防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的とした制度です。

 

補償対象
この制度に加入している分娩期間の管理下で、2015年1月以降に出生し、以下の①~③の基準をすべて満たすお子様が補償対象となります。
①     在胎週数32週以上で出生体重1.400g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
②     先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
③     身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ

 

掛金(1分娩あたり)
・1.6万円
・産科医療補償制度加入機関で分娩される妊婦様は、この制度に加入することが義務付けられています。
・登録証と制度の詳細が記載されたパンフレットをお配りしますので、登録証に必要事項を記入の上、健診時にご提出ください。
・出産育児一時金の支給額42万円に含まれますので、実質負担は変わりません。
1000人に2人の割合で発症する脳性麻痺の子供を守っていこうという制度です。
詳細はお配りするパンフレット、(財)医療機能評価機構のホームページをご覧下さい。

 

出産一時金
申請  「出産育児一時金」とは、出産児一人につき42万円(上記の産科医療補償制度の保険料1.6万円を含む場合)が所属する保険機関(国民健康保険や健康保険組合、政府管掌健康保険、共済組合)から支給される制度です。

 

★まとまった出産費用を事前に用意しなくてもよくなりました!

 

出産育児一時金の直接支払制度
・平成21年10月1日より、かかった出産費用を『出産育児一時金』で支払うことができるよう、原則として、医療保険者(国民健康保険など)から『出産育児一時金』が、分娩施設(助産院又は病院)に直接支払われる仕組みに変わりました。

・基本的には、『直接払い合意書』を分娩施設(助産院又は病院)に提出して頂く事になります

 

・出産費用が42万円を超える場合は、その差額分は分娩施設(助産院又は病院)へお支払い下さい。また、42万円未満の場合は、その差額分を医療保険者に請求することができます。

 

 

よくある質問

Q 開業助産師てなに?
A 勤務助産師の反対で、普通助産師は病院に雇われて活動していますが、開業助産師は、雇われているわけではなく自立(独立)して、どこかのお店見たいに営業して母子に関わる保健指導や、相談、分娩介助などのお仕事を受ける助産師です。お産を扱う場合は協力していただける嘱託医との連携が必要となっています。又助産師は看護職の中で唯一独立開業し助産業務を自立して実践できる職業です。
助産所(助産院)は開業実践の場所です。

 

Q 家でお産できるんですか?
A はい、家でお産できます。
お産は病気ではありません。お互い尊敬し合う女性と男性が結婚し、愛し合って性生活をとおし自然にできる宝物です。それを女性の母体のなかで9か月(9ヶ月10日)の時間をかけて育み生まれる時期に日常生活のなかで迎えてあげる日常生活の一部です。力むことはありません。
しかし、自分の力で産む気持ちを持ち続けて、心と身体の準備はしっかりして頂きます。又日本では正常に妊娠経過をしている方、感染症のない方、他の病気の合併症がない方などが家(自宅)でのお産が認められています。

Q いつから妊娠ってわかるの?
A ・生理予定日(月経周期28日として)1週間後に市販の妊娠検査薬で調べるとわかります。個人差もあり又市販の検査薬の種類によって、誤差が出る場合もあります。
・前回の生理開始、生理周期がわからない人はセックスした日から+3週間前後に検査薬で調べてください。(最短で9日頃)
※妊娠検査薬で陽性がでましたら、自己判断せずに早めに産婦人科を受診してください
陽性反応が出て悩まれる方は一人で抱え込まないで、医療関係者又は信頼できる方に相談してください。

 

【費用】
料金の変更をしました。

 

 

<業務内容>
【診療内容】

自宅出産(出張出産)
助産院内出産(平成29年1月より受付開始)
乳房ケア(乳房トラブル・断乳・など)
育児相談(体重が増えない・夜泣き・反りかえりなど)
骨盤ケア(産前・産後乳漏れ、恥骨痛・など)

【教室】
ベビーマッサージ

 

yosimisan

ご挨拶
平成26年4月より松本より飯田へ転居し見渡す限り緑と山、贅沢な自然の中で助産院をはじめました。
季節によっては車を走らせていると、人よりたぬきに行き会ったり、又鹿の親子を玄関でみたり、まさに自然一色の環境です。
そんな中、自分の人生を振り返るきっかけがありました。
夫の両親との同居とほぼ同時に義父の死と義母のお世話、慣れない環境での生活の戸惑いと習慣、自分の存在のあり方など自分を見失いかけた時、朝小学校へ登校する子供達の無邪気な声に救われました。
歩きながら「きゃきゃ」と騒ぐ声、時には口げんかをしながら、又立ち止まってはカバンから物を取り出したり、上級生らしき女の子がなだめながら早く歩くように誘導している姿。
平日朝の2~3分の出来事ですが自然に心が安らぎ、徐々に自分を冷静に取り戻すことができました。
昔、助産師になると決心した時のことを思い出し、松本で少しづつやってきた助産院をこの飯田市でも本気でやっていこうという気持ちにさせてもらいました。
子どもの存在は本当に貴重で尊いものです。私に元気を分けてくれた子供達に感謝しながら子供が幸せでいられる環境、子どもが産める環境、産みたいと思える環境作りを女性の妊娠、出産、子育中のお母さん、又その家族に寄り添いながらお手伝いができたらと思います。

 

プロフィール
沖縄生まれ沖縄育ち
沖縄県立那覇看護学校 助産学科卒
沖縄県立中部病院  八重山病院勤務
結婚を機に沖縄を離れ
長野県松本市 社会医療法人砲生会丸の内病院勤務
平成15年 松本市にて助産院開業
        (開業当初は母乳、育児相談のみの業務。途中自宅出産を年3件ほど扱うようになった)
平成26年 飯田市へ転居。同年5月よしみ助産院母乳育児相談室として開設届提出
平成27年 自宅出産を扱う助産院として公表する。  (嘱託医協力機関のもと自宅出産業務内容として取り入れる。)
平成28年 11月1日 連携医療機関兼嘱託医を飯田市立病院と契約す。

基本情報

所在地 長野県飯田市立石710
電話番号 090-8326-7045
050-3583-4431
最寄りのインター 中央道飯田インターから車で25分
山本インターから10分
駐車場 有 
定休日

毎週 土曜日 

Email [email protected]
予約 可 
送迎 無 
クレジットカード決済 不可 

利用者のみなさんからの投稿写真

お店を訪れたことがありますか?
写真を投稿できます »

みんなのおすすめ/応援メッセージ!!

お店を訪れたことがありますか?
応援メッセージを 送りませんか? »

ログインしてメッセージを送信 使い方

メッセージを送るにはログインする必要が有ります。
ログインページはこちらです

Q&A

わからないことがありますか?
お店の人に質問できます »
HOMEへ戻る