「南信州」は、南アルプスと中央アルプスの山々が織り成す自然の宝庫であり、きれいな空気と水、その自然の恵みで育ち清らかな心を持った人々が自慢の地域です。
豊富な日照時間と昼夜の寒暖差などを生かし、りんごや梨の栽培が盛んに行われています。
南信州の独特な気候から生まれた伝統食「市田柿」もこの地域の代表的な特産物で高級和菓子として幅広い指示をいただいております。
全国生産量の70%を占める水引は「結ぶ」という意味を持ち、最近ではご祝儀袋等に使われるだけではなく、ブローチや置物など、幅広く水引の世界を楽しんでいただいております。
また、各所の温泉があり、伝統芸能も盛んな地域です。

南信州観光モデルコース その1

南信州観光モデルコース その2

2017年大河ドラマ 井伊直虎 ゆかりの地